滋賀県とクマ

「滋賀県ツキノワグマ第一種特定鳥獣保護計画(第4次)(案)」に係る意見・情報の募集についてhttps://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/koho/e-shinbun/bosyuu/328998.html

パブリックコメントの締め切りが1月23日。

滋賀県は比較的ツキノワグマへの理解と対応が進んでいる。人身被害については過去5年で2件しか発生していないが、子グマを追い払おうとして母グマに襲われた等、状況を詳しく説明し、クマ出没時間は人間を避けた夜から明け方等、クマの生態を学び、遭遇や事故を避ける方法も理解している。

農業被害対策含め、クマを寄せ付けない取り組みを継続していくことも計画案に盛り込まれている。

錯誤捕獲は放獣するが、人の安全を優先する場合は補殺する計画案、これは、現場の判断基準を明確にする必要があるが、そもそも食べ物は昆虫と植物中心であるおとなしいツキノワグマが、動物や人を襲うことはなく、人間がクマの命や暮らしを脅かさないことが基本である。人の不注意でクマを怖がらせたり怒らせるのに、クマを殺傷することは私たちは許さない。クマに手で叩かれたり、噛まれたり、蛇に噛まれたり、漆にかぶれたり、足場悪くてひどく転んだり、怪我は起こることで、クマによる人の死亡がゼロである地域で、補殺案は過剰である。

近年環境の変化で、クマの移動域が広がっている兆候があり、生息数についての調査はどこでも難しい。また奥山が豊かな過去の時代にどのくらい奥山にクマが生息していたのかの数字の割り出しはできず、現在適正なクマの数など、人間の適正数を出すより難しい。滋賀県のこの計画案では、一定の調査方法の下で数字を出しており、クマが少ないことで人間にとっての被害が少ないこともあるだろうが、現実的なクマとの共存共生姿勢が貫かれ、少ないにも関わらずクマに取り組み、具体的なデーターを示し、的確な課題点と対策方法にまで至っている。

対策方法は、民間で協力できることはいくつもある。「クマ講座実施」クマの生態を理解して、遭遇しないように人が注意して防ぐこと。「柿や栗のクマどめ林植樹」「暫定的どんぐり給餌」については、滋賀県のデーターでは、春から夏にかけて目撃されており、秋の食糧不足からの出没は考えられないが、温室効果ガスによる環境の変化でクマたちの数が減らないように、適切な場所に植樹することが今後の課題になるかもしれない。春夏の、昆虫と植物不足は、生物多様性ガイドらと調査し、再生事業が望ましい。

私たちはクマ講座テキストを作成中で、全国で必要があれば講習に出向きたい。私たちの兵庫県は放獣体制が育ち、委託先任せにせずに、職員が現場にも立ち会っている。この動きに他府県も習ってほしい。

海外からの視察が多いサスティナブルシティーで有名な高島市のある、琵琶湖を守る滋賀県、クマたちとその環境への対応、注目しよう。

11月13日「パスティラ」お買い上げの方

卵混入の重要なお知らせとお詫び

11月13日のヴィーガンフェス、雨の中お越しくださった方、本当にありがとうございます。
大変残念で、またアレルギーの方には危険なことである、一つの出店者の一つの菓子に卵が使用されていたことがわかりました。
当日理事が気がつき、注意したところ、すぐに試食も取り下げましたが、画像の菓子を購入された方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。返品対応手配致しました。返品メールはこちら
動物性由来のものを扱えない同意書にサインいただいたにも関わらず、このようなことが起こってしまいました。今後は当日に、出店内容の確認を徹底し、絶対に再発しないように致します。
動物たちからの搾取ない、平和なイベントだと来場された方、アレルギーをお持ちの方には、大変ご心配、またお辛いお気持ちになるような事態となってしまい、心からお詫び申し上げます。

2022年11月23日
一般社団法人日本ヴィーガン協会
代表理事 三宅久美子

クマのどんぐり受付開始!

郵送できる兵庫県、石川県、長野県のどんぐりすてーしょんはメールでお問い合わせください。10月末締め切り。神戸ヴィーガンカフェThalloさんは、29、30日以外の土日12時〜18時、11月12日まで直接どんぐりお持ち頂けます。山主さんの依頼などによりどんぐりを持ってクマ調査行きます。日本は野生動物を救助や支援するどころか短絡的に大量に殺します。私たちはこの流れを変えたく、環境とクマたちのことを環境学習で伝え続けます。 どんぐりはクマ保護施設にも送ります。

月刊ソイフードジャーナルヴィーガン活動掲載

大豆を扱う事業者の方は勿論、ベジタリアン、ヴィーガン、菜食や環境に興味ある方、新しいビジネスをお考えの方、広く一般の方にもお勧めのジャーナル。9月号に2ページに渡り、協会代表と協会活動が紹介されています。オーガニックヴィーガン給食支援、教育、認定、イベント、環境学習、今後もぜひご支援ください。

日本ベジタリアンアワード市民活動賞受賞

第7回日本ベジタリアンアワードで、一般社団法人日本ヴィーガン協会の代表が市民活動賞を受賞。協会が、環境学習都市西宮市で市のパートナーシッププログラムとして開催した、ヴィーガンフェス「環境保全と食」が評価されました。広く一般の皆さんと、命のこと、環境のことでつながっていきたいと思います。宜しくお願い致します。ありがとうございました。

マイノリティ食の情報サイト

7大アレルゲン・ベジタリアン・ヴィーガン・ハラルフードの情報サイト、Japanese Heartと提携しました。こうした事業を支えることは大切で、会費を払ってアプリ会員になると掲載店で使えるクーポンがもらえます。
ぜひご利用ください。そして困っている方に教えてあげてください。食の有識者のみが推薦、監修する、信頼性高い情報を提供しています。

Japanese Heart

理事長のヴィーガンメッセージ

6月18日(土)10:30〜11:00、再放送6月19日(日)17:30〜18:00、さくらFMの番組「なばなネットワーク」の中で、15分朗読いただく形で理事長が出演します。広く一般の方に伝えたい、動物とヴィーガンについての思い。
ぜひご視聴くださいね。

https://www.jcbasimul.com/?radio=sakura-fm